Masako_Nakano_piano

中野雅子 プロフィール

横浜市生まれ、横浜市在住。
桐朋学園大学ピアノ科卒業。
同大学弦楽器伴奏研究員、二期会オペラスタジオピアニストを務め、数々のアーティストと共演。またソロピアニストとしても全国各地で演奏会を行う。

2000年、ジャンルに囚われない音楽、フラメンコギター、ジプシーヴァイオリンとのコラボレーションユニット、Capriccioを結成。
オリジナルアルバム「EXPERIENCE」をレコーディング。ユニバーサル・ミュージックよりリリース。

その後、オリジナル楽曲によるピアノ・ジャズトリオ「MAKO TRIO」としてノルウェー、オスロのレインボー・スタジオでスウェーデンを代表するベーシスト、ラーシュ・ダニエルソン、ドラムス、アンダーシュ・シェリヴェリを迎えレコーディング。

2011年、自身のライフワークとして書き溜めたオリジナル楽曲をソロによる演奏でレコーディング。 cinecarrera Jazzより「Mako Originals」をリリース。

2015年より「Mako’s Party」として、デュオ、トリオ、カルテットと形態を変えつつ東京・横浜を拠点に演奏の幅を広げている。 2015年3月14日発売のトリオ形式でのMako’s Partyライヴ・アルバム「I Talk About …」発売を機に、アルバムのメンバー笠原本章(b)、中沢剛(dr)を従えて全国ツアーを行う。

2016年2月、NHK特集ドラマ『クロスロード』音楽を担当。(主演:舘ひろし×神田正輝)9月、高野山遍照尊院にてクラシック&ジャズ・祈りの融合コンサートに参加。12月、NHK特集ドラマ『クロスロード』オリジナル・サウンドトラックCD発売。

2017年、NHKプレミアムドラマ『クロスロード – 声なきに聞き形なきに見よ – 』の音楽を担当する。そのオリジナル・サウンドトラックが配信限定で発売中。

“今” という瞬間を音として創造していく事を目指している